21世紀の環境と健康を守る技術『耐久性抗菌・防カビ方法』とは

content-300x225

国土交通省の新技術情報システム「NETIS」に承認登録
名称「プロバクタ―工法」

長期間の効力を持続する特許技術「耐久性防カビ方法」です。物理的方法と化学的方法を併用します。(既にカビが発生している部分については、徐カビもしくは殺菌した後に行います)

この工法は、対象物のその条件下において浸透し、内部にゲル層を形成させることにより被膜体を作らせず通気性を維持し、表面には撥水性をもたせて結露を防止するとともに、防カビ、防菌剤を固定します。

したがって、湿度の高い場所であっても容易に流失することがなく、長期間にわたり効力を持続させることができる工法です。

特許耐久性防カビ方法(モルテック工法)を誰でも取り扱える工法*にした「プロバクタ―工法」は21世紀の環境と健康を守る技術として、社会のさまざまな分野で注目と期待を集めています。
*(プロバクター工法による施工者は一定の研修の修了者です)

そしてモルテックは世界の住環境を考え、2020年東京オリンピックを応援しています